せき・たん・息切れしてませんか?COPDという病気/肺の病気・COPD

COPDについて

COPDは、慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)と呼ばれ、日本には500万人以上のCOPD患者さんがいると推定されています。
COPDは、タバコなどの有害な空気を吸い込むことによって、空気の通り道である気道(気管支)や、酸素の交換を行う肺(肺胞)などに障害が生じる病気です。その結果、空気の出し入れがうまくいかなくなるので、通常の呼吸ができなくなり、息切れが起こります。
長期間にわたる喫煙習慣が主な原因であることから、COPDは“肺の生活習慣病”といわれ、社会的にも注目を浴びています。

肺の病気・COPDイメージ

COPD完璧マニュアル(監修:北海道大学大学院医学研究科 呼吸器内科学分野 教授 西村正治先生)より

世界中で増え続けるCOPD

COPDについて

近年、COPDは世界中で増加の一途をたどっており、今後も増え続けると予測されています。

日本のCOPD患者

厚生労働省発表の2015年日本における死亡原因としてCOPDは10位となっています。特に男性では8位となっております。COPDの患者さん(診断されている患者さんは)は22.3万人ですが、実際には順天堂大学の福地先生らが実施したNICE studyの結果から推定で500万人以上と報告されており、多くの患者さんが診断されていなく、十分な治療が受けられていないのが現状です。

日本における死亡原因

(厚生労働省. 平成27年人口動態調査. より作図)

COPDで治療を受けている患者数

※NICE(Nippon COPD Epidemiology) study:2004年に報告された40歳以上の男女2,343名のデータによるCOPDの大規模疫学調査

COPD 死は喘息死の約10倍

多くのCOPD患者さんは重症になり診断されるケースが多く、より早期の段階で診断、治療できていないのが現状です。近年、喘息疾患に関しては疾患啓発や適切な薬物治療により喘息死は減少傾向になっています。しかし、COPDによる死亡者数は増加の傾向であり、2015年度の調査では喘息死の約10倍にもなっています。

喘息とCOPD患者の死亡数の比較

(厚生労働省. 平成20年~平成27年人口動態調査.)

米国のCOPD患者

1965〜98年の米国の統計によると、心血管疾患や脳血管疾患による死亡率は減少しているのに対し、COPDによる死亡率が増加しています。

死亡率の表

(Pauwels RA, et al.: Lancet 364: 613, 2004 一部改変)

世界のCOPD患者

1990年のWHO(世界保健機関)の統計によると、COPDは世界の死亡原因の第6位となっています。それだけでなく、COPD患者の数とCOPDによる死亡率は今後さらに増加することが予測されています。
世界的に、COPDに対する取り組みが急務となっているのです。

死亡原因ランキング(WHO)全世界

(Murray CJL, et al.: Lancet 349: 1498, 1997)

せき・たん・息切れしてませんか?

せき・たん・息切れしてませんか?COPDという病気
肺の病気・COPD
せき・たん・息切れしてませんか?
主な原因は”タバコ”
  • COPDのチェックはこちらから
  • お近くの呼吸器学会認定施設を検索
  • COPD患者が過ごす日常