病気と診断されたら・・・ COPDの治療法/COPDになったら使うお薬

治療方法について

薬物療法は息切れを軽くし、運動能力を高めることを目的としています。COPDが重症でなければ、息切れは体を動かしたり運動したりするときにのみ感じます。そのようなときに薬物治療を行うと、その効果を実感できます。

COPDの治療に使うお薬は、はたらきによって大きく4つのグループに分けることができます。基本となる薬剤は気管支を広げるはたらきのある気管支拡張薬、特に吸入器を使って口から吸入するタイプのお薬(吸入薬)が多いですが、飲み薬や貼り薬もあります。また、必要に応じてステロイド薬、去痰薬、抗菌薬なども使用されます。

COPDになったら使うお薬、使用箇所イメージ画

COPD完璧マニュアル(監修:北海道大学大学院医学研究科 呼吸器内科学分野 教授 西村正治先生)より

いずれの場合でも、薬剤によっては相互作用を起こす可能性があるので、受診の際にはCOPDの治療以外で服用している薬剤名を医師に伝えましょう。

禁煙

 

病気と診断されたら・・・ COPDの治療法
これから病院へ行く方へ
早めの治療が重要です
COPDになったら使うお薬
現在治療中の方へ
禁煙
インフルエンザ予防接種
薬物療法
呼吸リハビリテーション
在宅酸素治療法
  • COPDのチェックはこちらから
  • COPD医療機関サーチ
  • COPD患者が過ごす日常
  • COPD解説ビデオ「大切な呼吸いつまでも」
  • すぐ禁煙.jp