COPDの増悪

COPDの“増悪”を
起こさないために

COPDの“増悪”って何?

COPDの増悪とは、息切れの増加、咳や痰の増加、胸部の不快感や違和感などが現れて、いつもの治療で改善せず、さらに他の治療を加える必要がある状態をいいます。COPDは増悪のたびに肺の機能も悪化することが知られています。このような事態を避けるためには、増悪をくり返さないことが重要です。

増悪による肺機能悪化のイメージ

増悪が起こった時は?

増悪の症状が起こったら、早めに担当の医師に連絡しましょう。

増悪の症状
  • 咳と痰の頻度が増える
  • いつもより強い息切れ
  • 足がむくみ、体重が増える
  • 38℃以上の発熱
  • 頭がぼ~っとして、頭痛、眠気、集中力が低下する
  • 脈が速い、動悸がする

増悪の予防は、禁煙と風邪を引かないことです

  • 禁煙は、増悪を予防するためにも重要です
    禁煙によって増悪を起こす頻度が減少することが分かっています。
    Kanner RE, et aI. Am J Respir Crit Care Med 2001; 164:358-364.
  • インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチンを接種しましょう

  • 人混みや、風邪を引いている人との接触は避けましょう
    お孫さんやご家族が風邪を引いている時は、会いたい気持ちを少し抑えて、元気になるまで一緒に過ごすのはできるだけ控えましょう。
  • 吸入薬をきちんと吸入しましょう
    吸入薬にも増悪予防効果があるため、医師の指示通りに継続しましょう。
  • 運動をして体力を落とさないようにしましょう
    より活動的な生活を送り、体力を維持することは、細菌やウイルスに対する抵抗力を高める上でも大切です。
  • よい睡眠をとりましょう