- 呼吸リハビリテーション -口すぼめ呼吸

少しでも楽に動ければ
「もう少しやってみよう」
という
気持ちが持てます

口すぼめ呼吸を身につけましょう。

“歩く”+“動く”ことはCOPDの治療生活の中で、大切な取り組みです。そのために、覚えておきたいのが口すぼめ呼吸です。口すぼめ呼吸は、鼻から息を吸った後、口をすぼめて長く息をはく呼吸法です。COPDでは呼吸をするたびに肺の中にはき出せない空気がたまって息苦しくなりますが、口をすぼめて息をはくと、気管支の内側に圧力がかかり、呼吸が速くなっても気管支のつぶれを防ぎながら、空気を効率よくはき出すことができます。

動画で確認